テレビロケ、雑誌取材、イベント関連のコーディネート等、台湾に関する業務のお手伝いを致しております。日本人スタッフ常駐、日本語にて対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい!

<2019.6.25> 今日のニュース
「國際マンゴーフェス開催 台南で様々なマンゴーをどうぞご賞味あれ」
台南マンゴーのクオリティは台湾でトップに位置しており、台南市政府は特別に19日、永華市政中心にて「夏のルビー・台南はマンゴーに満ちる」記者会見を開催し、2019台湾マンゴーフェス「台南国際マンゴーフェス」の幕開けを予告しました。市長の黄偉哲氏によると、マーケティングを広げることによって世界各地にマンゴーを輸出し、台南の農民たちがちゃんとお金が儲かるよう、そして台南のマンゴーが世界的に知名なフルーツになれるように農民に全力サポートすると言いました。 黄偉哲市長は世界各地の観光客を向けて、台南にいらっしゃって一番新鮮で甘いマンゴーをご賞味になりつつ、マンゴーの産地を楽しんてくださいと呼びかけています。台南のマンゴークオリティと産量は台湾一で、消費者にベストで一番優れたマンゴーを味わって頂く為、今年はマンゴーを海外に勧めるためチームを組み海外に出し、外国友人と姉妹市からの好評も頂いたと黄氏。未来はもっとセールスを強化し、マンゴーを日本、韓国、カナダなど好売価エリアに売り出し、農民たちにもっといい収益をもたらすように頑張るそうです。 農業局によりますと、2019年国際マンゴーフェスの開催期間は6月22日から7月14日までとなり、まず登場したのは6月22、23日に走馬?農場での開幕式で、農場入園料100元のうちに50元の買い物お得券がついているサービスがあります。それからの各週末は順番的に玉井、大?、楠西、官田、南化、左鎮などの産地でテーマイベントを開催し、マンゴーの氷やお料理、ベーカリー、旅行、果実採集なども含めます。家族みんなで楽しんでください。それぞれの産地イベント情報と開催日は下記サイトまでご参考を:https://mango.farm.com.tw/(情報:台湾好新聞

<2019.6.24> 今日のニュース
「あと一週間!もし口蹄疫がなっかたら、台湾豚肉は国際市場に戻す事可能」
滷肉飯を守る!いままで台湾はずっとアフリカ豚コレラを警戒していて、意外を起こすことを防止します。それに、もし6月未まで台湾は口蹄疫を起こらなかったなら、農委會は国際獣疫事務局(OIE)に「安全エリア」(非疫區)を正式申請します。少なくとも来年で輸出可能になりそうです。これに関して、オンラインストアオーナー486さんは、「台湾の梅花豬、自然豬は、韓国のより美味しいです。」と述べました。 1997年台湾は大量な口蹄疫を起こしまして、それから22年間口蹄疫と戦うことを始めました。もし6月未まで台湾は口蹄疫を起こらなかったなら、7月に農委會は国際獣疫事務局(OIE)に申請資料を送ります、と農委會主委陳吉仲が言いました。来年5月の大会で、OIEは「台湾は安全エリア」と公表しますように、その時に台湾の豚肉は輸出可能になりそうです。 台湾の豚肉は輸出可能になりそうですので、「あと少しい、台湾は口蹄疫を起こらなかったことを23年を過ごしました。もし輸出可能になったら、これはいいチャンスです!」と486さんが言いました。 「韓国人は自分の豚肉が美味しいって言いましたけど、実は台湾の梅花豬、自然豬も負けないです、台湾頑張れ!」と486さんが述べました。 486さんの話しがネットで公表したら、「自分がレストランをやっていますので、台湾の豚肉本当にイベリコ豚肉よりおいしいです」、「口蹄疫が起こす前に台湾の豚肉はアジアの中で大人気です」、「アフリカ豚コレラを警戒している最前線のスタッフさん、お疲れ様です!有難うございます!」など色々なコメントがありました。 (情報: 三立新聞網

<2019.6.21> 今日のニュース
「台北市立動物園初めての休園メンテナンス 6/29リオープン」
台北市立動物園による、19日から10日間の休園が発表されました。これは開園以来初めての休園となり、園内のメンテナンスや施設の更新などが目的だと分かりました。従業員たちが関連作業を素早く完成させるように勤務を続け、29日のリオープンに目指しています。 動物園によりますと、まだまだたくさんの仕事が残っているため、「対外営業しない」期間中は通常通り従業員が出勤します。休園の主な目的はこの期間中を利用し、普段観客がいるうちに園内の見学を影響されない前提で完成する限られた仕事をやり遂げて、園区をアップグレードするチャンスを作り、より良い体験をこれから提供するそうです。 また動物園からも、19日から28日まで休園となり、29日に再開する予定となっていると示しています。さらに、キャッシュレスのシステムも29日の開園時に起用されて、台北市イージーカード(悠遊卡)のほかに、一卡通、有錢卡、愛金卡なども入園できます。携帯で事前に入場券を購入し、現場でQRコードで入園することもできるようになります。(情報:TVBS NEWS

<2019.6.20> 今日のニュース
「一見双彫刻アートフェア6/29に登場 高さ5.5メートル塩巨人が七股塩田で披露!」
雲嘉南風景区管理所主催になり、台塩会社と皇尚文創会社が共催の2019一見双彫刻アートフェアは6月29日から7月31日に行うことになりました。場所は台南にある七股塩田、台湾塩博物館と馬砂溝3つの所で展開です。高さ5.5メートル、丈は約5〜6メートルの塩巨人が七股塩田で披露されました。 雲嘉南風景区管理所の徐振能部長は、七股塩田で開催の塩彫刻フェアは浜塩冒険をテーマにして、塩山の隣にある塩巨人は塩に似てる素材の発泡スチロールなどを使い、高さ5.5メートル、丈は約5〜6メートルで作り、大きな話題になって大勢の観光客が紀念写真を撮りに来ております。室内の浜塩冒険では夢の遷し、海の神様ポセイドン、アイスフィールド、将軍を守る海馬、ドリームハイローラ、浜塩を飛び込むなど9つの作品が出展しております。 雲嘉南風景区管理所が主催した浜塩冒険塩彫刻落成披露イベントでは、徐振能部長、内閣雲嘉南サービスセンターの王開玹副社長、台南市観光局陳信安局長、台塩会社陳世輝副支配人などイベントに参加し開催しました。陳世輝副支配人は、七股塩田は日本メディアからも綺麗なスポットと褒められ、ぜひ皆様も七股塩田へ遊びに来て塩山登りや、塩彫刻や、塩コーヒーと塩アイスなどを楽しんでください。 (情報: 台灣好新聞
<2019.6.19> 今日のニュース
「ラムネ味ソフト!スイカ風スムージーをSNSにアップして楽しく食べよう!」
もうすぐ暑く炎が燃えあがる様な夏休みがやってきます。という事で「ファミリーマート」は、この暑さ対策として新商品を発表しました。「Let’s Café」では「徳伝茶」と提携し共同ブランド商品として大容量の、徳伝プーアル茶/プーアルミルクティー/徳伝ウーロン茶/純ルミルクティーという4種のお茶を用意し、赤い陶磁器の高級コップに見立てた、デザインも目を引く紙コップを使いこのお茶を提供しています。このほか夏を代表するスイカスムージーやラムネソフトクリーム、台湾プロ野球のゲームチケットまで売り出し中です。 「ファミリーマート」Let’s Caféの「時光茶旅(時間茶ツアー)」シリーズは、ここ1ヶ月の売り上げは100万コップ近くとなっており、インスタでもみなさんが投稿するなど話題となりました。この調子で「ファミリーマート」は100年の歴史と技術を持つ「徳伝茶」へ声を掛け「ファミリーマート」が独自で持つ 磚茶(たんちゃ)技術を利用し、徳伝プーアル茶/プーアルミルクティー/徳伝ウーロン茶/純ルミルクティー四種類お茶を開発しました。 茶磚プーアル茶は中国雲南省?海茶葉、伝統的な製茶技術で芳醇で甘いプーアル茶。徳伝ウーロン茶は台湾南投竹山と間で生?され、ゆっくり焙煎されウーロン茶は果物と栗の香りが楽しめます。 「ファミリーマート」では、夏のフルーツスムージーシリーズを提供スタート。6月19日初販売のスイカスムージー(65元)、一番下の部分には練乳が、その上にはメロンジャム、更にチョコレートで種に見立て、赤白緑のスイカを見たら暑い夏も乗り切れます! またラムネアイスクリーム(39元)は、子供時代に飲んだビー玉が入った冷たいラムネを再現、レモン汁をプラスし酸っぱさと甘さのバランスをうまく再現しています。幼少時の思い出に浸るだけでなく。インスタで話題のアイスにもなるでしょう。 更には台湾プロ野球のチケットを専門販売、Lamigoと富邦チームのチケットを買えるだけではなく、日本ハムファイターズのチケットを販売するのはファミリーマートだけ!チケット購入ご希望の際は 「Fami PortA」か「Fami Ticket」をご利用ください。 また台湾プロ野球30周年記念クラフトビールセットも購入する事ができます。「味全龍、統一獅、三商虎、兄弟象」初代4チームのキャラクターがラベルに描かれたこのビール!野球ファンのみなさまは是非コレクションにしませんか? (情報: MOOK景點家

  2019.6.25現在

台北24〜29℃

台中25〜29℃
高雄28〜31℃
花蓮25〜28℃
  2019.6.25現在
10000JPY⇒2801NTD

1NTD⇒3.414JPY
©2006 Top Taiwan Media Factory CO,.LTD. All rights reserved.
inserted by FC2 system